モテる男は優しい?だったら何故俺はモテない?

「モテる男は優しい」

恐らく多くの男性陣が聞いたことのある言葉ではないでしょうか。

そしてこうも思ったではないでしょうか。

「優しくても全然モテないよ・・・」

優しい男はモテる。その言葉を信じて、女性に優しくしてきた男性は一向にモテない。そんな経験してきたのではありませんか?

 

しかしこれこそが最大の落とし穴。

この優しいという言葉には、ただ単純に優しい以外の意味が込められており、男性は女性が言う「真の優しさ」に辿りつかない限り、モテることはありません。

今回はこの女性が男性に求めている「真の優しさ」「モテる優しさ」について、ご紹介していきます。

 


優しい人がモテるのは本当なのか?

テレビでも雑誌でも合コンでも婚活でも、女性に対して「どんなタイプの男性が好き?」と質問すると、

十中八九で「優しい人」なんて答えが返ってきます。

 

この優しいは本当に抽象的であり、文面通りただ優しくするだけでは、

「●●君は優しいね」

で終わる。まさに優しいけどモテない男の完成です。

 

女性は確かに優しい人を求めていますが、優しさはあくまで女性が求める男性のうちの1つにすぎません。

それに優しい男はごまんといます。真面目な男でも、不良な男でも何かしら優しい部分を持っているものです。

それなのに何故、女性は好きなタイプを優しい人と言うのでしょうか?

理由は単純。引かれもせず納得されやすい答えであるから。それに優しい人が好きなのはだいたいの女性に当てはまるのでウソはついていないことにもなりますからね。

 

女性に好きになってもらうためには「優しさ」は必須項目ですが、それだけでは「いい人止まり」で終わってしまいます。

優しさはモテる上で最低限、身につけておくべきことであり、モテるためにの「真の優しさ」を理解しておく必要があるということです。

 

あなたのその優しさ、媚びていませんか?

優しさはモテるために必要なものですが、「モテる優しさ」と「モテない優しさ」があります。

そして多くの男性が陥っているのが、モテない優しさを実勢しているから女性にモテないのです。

 

モテない優しさを振りまいている男性が、失敗しがちのパターンが「媚び」てしまっていることが挙げられます。

あなたが媚びているつもりなくても、その優しさは媚びになっているケースが多々あります。

特に多いのが、

「これからどうする?」
「何食べる?」
「何がほしい?」

女性の意見を尊重するように聞くこと。

一見、女性に選ばしてあげる優しさのように見えますが、自分で考えることを拒否した上にただ媚びているだけになります。

別の見方をすれば、自分に自信がないから女性に丸投げしているようにもみてとれます。

 

なのでここは、男性側がリードする場面です。

「映画見に行こう」
「焼肉食べよう」
「これプレゼント」

こんな風にあなたが決めてください。

 

もし女性に意見を求めている場合は「あなたのほうが格上なのであなたの言うことを聞きます」と言っているようなもの。つまり媚びているということです。

また女性に意見を聞いて、女性があれほしい。あれ行きたい。と言って、それを全て叶えてあげ、かつ奢ってあげている場合も媚びている上、甘やかしてさえいます。

女性に対する優しさのつもりが、媚びになってしまっている典型的な例ですね。

 

モテる男は女性の気持ちを汲み取った優しさを振舞う

「映画見に行こう」
「焼肉食べよう」
「これプレゼント」

女性は確かに嬉しいです。でも女性は本当にそれを優しさと思っているでしょうか。

たとえば、女性が映画を見たくなければ、焼き肉を食べたくなければ、欲しかったプレゼントでなければ、

それは優しさではなく「強制」になってしまいます。

真の優しさとは、女性を理解して女性がされて嬉しいことを実践する。それこそが女性の求めている「真の優しさ」に他なりません。

 

歩くのがしんどそうであれば、休憩するためにカフェにでも入りましょう。

喉が渇いてそうであれば、飲み物を買って渡してあげましょう。

以前、食べたいものを言っていたのであれば、次のデートのタイミングで連れて行きましょう。

以前、欲しいものを言っていたのであれば、次のプレゼントするタイミングで渡しましょう。

 

優しさとは女性の顔色を伺いつつ、女性を尊重するかのように聞くことではなく、

女性が求めているもの、また以前の言動や行動から察知してあなたが女性のことを考え、女性のためを想って行動する姿勢が女性に伝わり、それが女性が求めている優しさひいてはモテる男の優しさになりえるのです。

 

優しさの意味を履き違えるな

モテる男性は女性をしっかりと見て、女性が求めていることを自然に行えている男性のことを指します。

優しい姿を見せて女性の好感度を上げようとしているのであれば、それは「媚び」です。

 

爪の長い女性が缶を持っているのであれば、あなたが開けます。爪が長いと缶が開けづらいことに気付いてあげましょう。

持ってほしい荷物がある場合は、あなたが持ちます。色々なアイテムが入っている自分の鞄は女性自身が持ちたいことを察してあげましょう。

 

よくある優しさは、誰もがやっている優しさ。そんな優しさ女性は飽きるほど見ていますので、そんなことでは女性からモテません。

真の優しさとはテクニックでもパターンでもマニュアルでもなく、あなたが女性を見て、女性を理解して、女性を想って行動する姿です。

是非、これからは媚びる優しさではなく女性を想える男性になってください。

 

そしてその上でモテる男性を目指しましょう!

モテる男になるのであればテストステロンは知っておきましょう。

 

モテる男は女性の褒め方も知っています。

 

女性の事を想える男性は若い時より恋愛経験が豊富だからこそその力を備えているのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です