Youtube収益化審査保留!情報が不足している!から審査合格になった方法

Youtubeで12ヶ月の総再生時間4000時間、登録者数1000人到達!

意気揚々と収益化審査申請を出した結果、

「審査保留」「情報が不足している」との結果が帰ってきている人はいるのではないでしょうか。

 

私もそうでした!

しかし私はこの状態から無事、審査合格を得ることが出来ました。

審査保留中、私がしたこと、どのくらいかかったかをご紹介します。

 


Youtube審査保留(情報不足)から審査合格までの時系列

2019年5月13日 動画投稿開始

2019年6月7日 急激に視聴回数が伸び始める

2019年6月14日 登録者数1000人達成、同日審査申請

2019年6月19日 審査保留メールが届く

2019年8月7日 審査合格メールが届く

 

保留から合格までの約2カ月間、私はその間何をしてきたのでしょうか。

 

Youtube審査保留(情報不足)から審査合格まで実践したこと

審査保留は審査落ちたと違ってさらなる審査に回されると書かれていますが、

調べてみるとその状態から1年以上音沙汰なしと言う人も多数いるそうです。

 

この状態では再審査も出来ませんし、Youtubeに問い合わせも不可

何が理由で審査保留に回されているかもわからない状態のため、

何をどうすればいいかのか、頭を抱えることでしょう。

 

色々と調べた結果、考えられるとすれば、

YouTube パートナー プログラムのポリシー

・著作権
・再利用されたコンテンツ
・繰り返しの多いコンテンツ

が含まれている可能性があり、AI側の判断でこれらを検出されたため人為的な審査が必要になったと考えました。

なのでその可能性がある動画を見直すことにしました。

 

ちなみに最初は該当すると思われる動画を非公開にしていましたが、

非公開にした動画の視聴回数が全体での割合が多かったため、動画を削除することにしました。

 

①アニメ映像、画像、BGMが含まれている

部分的にアニメ画像を使用していた箇所がありましたので、カスタムサムネイルを更新して対処しました。

動画内に含まれていた場合はもうどうすることもできないのでこちらは削除しました。

 

②同じような構図の映像が含まれている

例えばゲームでキャラ同士の対戦前の開始演出は基本的に同じような構図になりがちです。

それを多用していた場合、「繰り返しの多いコンテンツ」と判定されている可能性があります。

なので関連した動画はすべて削除、今後は出来る限りそのような構図にならないように動画撮影に気を配る必要があるかもしれません。

 

③可能な限り編集を加える

ただ撮った動画を繋げるのではなく、

字幕はもちろんこと、画像を挿入したり、画像をワイプのように使ったりと編集入っているように手を加えるようにしています。

 

Youtube収益化審査保留!情報が不足している!審査保留から審査合格になった方法 まとめ

動画投稿から登録者1000人、審査保留から審査合格まで約30近い動画を投稿しました。

しかしそのうちの半分近くの動画は合格を狙うため削除しました。

もしかしたら何も触らずに放置していても審査合格できたかもしれませんが、それはもはや神のみぞ知るです。

 

ただ審査保留ということは、今後のアップデートにより収益化無効になるという可能性もあるということにもなります。

何もしないよりできるだけポリシーに準じた動画にしていたほうが今後も安心できますしね。

 

 

まずはYoutubeの登録者数1000人を目指して頑張りましょう!私が1ヵ月で1000人に到達した方法を掲載しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です