Youtubeの登録者を増やすためTikTokを活用しよう!PCからTikTokに動画を送る方法も解説

Youtubeの登録者を増やす方法の1つとして「TikTok」を活用する方法があります。

TikTokはだいたい15秒ほどの動画を流すことが出来るアプリで、多くの有名人や若者が使用しているアプリです。

今回は何故Youtubeの登録者を増やすのにTikTokがいいのか、またPCで編集した動画をTikTokに投稿する方法をご紹介します。

 


Youtubeの登録者を増やすためTikTokを活用

TikTokの最大の利点は、TikTokをはじめて使用した人でも投稿した動画は新着のTOPに表示されるということです。

なのでブログのように検索順位を上げることも、Youtubeのように注目のクリエイターになる必要もなく、誰でも同じスタートラインで動画再生数を稼ぐことが出来ます。

 

作成した動画をYoutubeに投稿した後、動画を15秒以下に切り出してTikTokに投稿すればOK

あとは動画の最後に「続きはYoutubeで」のような文言を入れ、Youtubeへのリンクを貼りつけておけば誘導完了です。

 

PCからTikTokに動画を送る方法

では編集した動画をTikTokに投稿する方法にはどうすればいいのか。

TikTokはスマホアプリのため、スマホに15秒以下に編集した動画を送ってTikTokに投稿するだけです。

 

ただ送るメールによってスマホに動画を保存できません。

例えばyahooメールは動画を保存できません。そこで使えるのがGmailです。

Gmailではあればスマホに保存できますし、YoutubeでもGmailは使いますので別にメールアドレスを取得する必要はありません。

Gmailのアプリを入れておき、このGmailのアドレスに動画を添付して送り、Gmailのスマホアプリからダウンロードすれば「写真」フォルダに格納されます。

送る際はPCの同じGmailから同じGmailのアドレスに送ってもいいですし、下書きとして保存しておいてもダウンロードできます。

 

動画容量を抑える

Gmailは最大25MBまでのメール送付しかできません。

わずか15秒ほどの動画といってもサイズが25MB超える場合があります。

その際はエンコードの際に品質を落とすことで簡単に25MB以下に落とすことも出来ます。

一度エンコードした上で25MB以上あった場合、品質を落として25MB以下にしてみましょう。

ただ品質を下げ過ぎると画質がひどくなるので注意してみてください。

 

Youtubeの登録者数を少しでも増やしたい人は、TikTokを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

私がYoutubeで登録者1000人に到達した方法を紹介しています。

 

Youtubeの収益についても触れています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です